2009年 12月 10日

DD51-855その3

こんばんは。

セキの黄帯は、休日をまる1日使って一気に塗装することにして、

今日はDDを進めました。

今回の加工の地味なハイライト、1-3位側ランボード嵩上げ部に

点検開戸の取り付けです。

f0050611_19223961.jpg

プラペーパーと伸ばしランナーで、過不足ない表現を心がけました。

後ほど、開閉用のハンドルを取り付けますw

それと、ランボード上にある蓋のボルト表現も復活。

ちなみにこの蓋、

タブレットキャッチャーを削り取る際に右上の部分をペーパーでナメてしまいました...orz

画像でもダレているのが分かりますが、塗装してみて、どんなものか・・・




ナンバーはブロック化されているので

穴は埋めなくてもいい気がしますが、製品のソレは0.3回りくらい大きい感じもします・・・

自身のやる気と相談して、気が向いたら埋めてみますwww










にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村
[PR]

by petiagara | 2009-12-10 19:34 | DL:16.5mm | Comments(2)
Commented by i-qss at 2009-12-14 20:00
>0.3回りくらい大きい

さすが、しろかモデル・・・こだわりが違いますね。
気が向いたらと言いつつ、しっかりとやってることでしょう。(^_^)
Commented by petiagara at 2009-12-15 20:58
■taka@さん
こんばんは~。

ホント重箱の隅なのですが、
国鉄色はナンバーのところに白帯がかかって
イメージが左右されるので、ちょっと見逃せません(笑






とはいうものの・・・(^^;)



<< セキ6000その4。      セキ6000その3。 >>