Sirokamo-Industry

petiagara.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 10日

DD51 745復活!!

こんばんは。

ホキ5700の量産は地味に進んでいまして

現在は8両、保有数の半分を超えたところまで組み上がりました。

ただ、残りと妻面のスキマ対策、塗装、仕上げ等、まだまだ先は長そうです。。。



ふと思い立ち、

音が出なくなって久しいDD51 745をいじることにしました。

バラすのが面倒で今まで放置してきましたが、何故か今日ばっかりは乗り気で、

こうなったら徹底的に!!という勢いwww


キャブとカウリングを外し、始めにスピーカーの導通テストを行ったところ・・・

スピーカーとコードの半田が外れているだけでした。


こんなことなら、さっさとやっておけばよかったです...orz




f0050611_210336.jpg


画像ではお伝えできませんが、再び音が鳴るようになりましたwww

DD51 745、イレギュラーで磐越西線のセメント列車の先頭に立つ事もありましたねえ。






今日はE257しか乗らない仕事でした。

それはさておき、

E257やE653、E655などの変な車体断面、模型で作るのはかなり大変そうですね。

以前「とれいん」誌にペーパーでE655の車体を自作された方の記事が載っていましたが

やはりペーパーか真鍮の折り曲げあたりが妥当なんでしょうか。。。

いや、いずれにせよ大変そうです(^_^;)
[PR]

by petiagara | 2010-09-10 21:05 | DL:16.5mm | Comments(4)
Commented by ヨネカン at 2010-09-11 02:21 x
「トレイン」誌に発表された「なごみ」は千葉のカワさんだと思います。

ご希望なら型紙を送ってもらうことが出来ますよ、ただし、自作しなければなりませんが・・・・

千葉のカワさんなら「ゆる鉄」とは縁の深い方で、彦根の「親子で遊ぼう鉄道模型」や目黒の「ゆるフェス」に参加してくれていますよ!!
Commented by 高崎二区 at 2010-09-11 14:32 x
>磐越西線のセメント列車
出張で会津若松に行く道中、広田でDD51が入換していました・・・懐かしい
>やはりペーパーか真鍮の折り曲げあたりが妥当なんでしょうか。。。
t1.2プラ板で側面は上下3分割プレハブ構造でいけるような・・・?しかし前面はともかく、屋根をどうするか??
Commented by petiagara at 2010-09-11 20:45
■ヨネカンさん
こんばんは~。

はい、その方です。
E655は、素材がペーパーとは思えないほどシャープな出来ですね。
ペーパーの模型は全くやった事がないのですが、
機を見てストックに手をつけてみたいと思います。
Commented by petiagara at 2010-09-11 20:53
■高崎二区さん
こんばんは~。

>広田
住友セメントですねwww
実は父方の実家が猪苗代なので、磐越西線は馴染みがあります。

>屋根
ダブルスキン車は屋根がのっぺりしているので、むしろやりやすそうです。
E257やE259なんかはPan以外に目立った機器がありませんしwww

側面の裾部、モハ62系の現代版みたいな、変な絞り方が...orz


<< 「北陸」をつくる・EF64 1...      ホキ5700その3 >>