Sirokamo-Industry

petiagara.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 06日

12系の加工・【あすか】その5

こんばんは。

というわけで作っているのは宮原の和式客車でした。

今日も加工ですw

f0050611_230445.jpg

展望室部分を作る準備として、スハフのトイレ側を切り落とし、部品取りボディを接合します。

基本的には以前作ったオハフ15-200の工作を踏襲する方向でw

ドアは普通にプラ板で埋めてもいいのですが、

ドア横の手すりモールド付き外板部分が欲しかったため、こんなやりくりをしました。

捻出した手すり付き部分は以前記事にしましたオハのドア埋めに使いますw


f0050611_2304786.jpg

www

f0050611_231065.jpg

車掌室側は切妻に改造されていますので、以前下準備でドア点検蓋を削り取っておいた妻部分を切り継いでおきました。

実車の貫通ドアはタネ車の物を使用した開き戸なので、妻に引き戸の点検蓋がありませんw

で、ボディの屋根部分をくり抜き、屋根を接着しながら切り継ぎます。

f0050611_234998.jpg

屋根の固着後、雨樋を削り落すところまでやって今日は終了しましたw

f0050611_2344566.jpg

屋根の切り継ぎで煙突が無くなってしまったので、うちも後付けしないといけません(笑


久しぶりの工作なので、精度の確保に苦労しています。

や、実際精度出ていませんけれど...(-_-;)

でもこんな、作っているのか壊しているのか分からないような滅茶苦茶な作業をしていると

いいストレス解消になりますねwww
[PR]

by petiagara | 2011-03-06 23:06 | PC:16.5mm


<< 12系の加工・【あすか】その6      14系 塗装剥離 >>