Sirokamo-Industry

petiagara.exblog.jp
ブログトップ
2016年 12月 26日

アオシマのDD51 運転台に電飾組み込み

前回塗った塗料もしっかり乾いたところで、運転台にLEDを仕込みました。
f0050611_21512650.jpg
周囲が明るいとなんだかよくわかりませんが・・・
f0050611_21515625.jpg
暗くすると、なかなかいい感じです。

実車のメーター類の照明は電球、時刻表挿しは蛍光灯と思われるためベースに電球色のLEDを使用、
時刻表挿しの導光パーツ部で色味を青っぽくしています。

細かいことを言えば自車・総括表示灯の光り方が実車と違いますが、
そんな無粋なことは気にならなくなるほどいい雰囲気になりました。

ちなみにメーターや表示灯の照明は基本的には点けっぱなしのため、後ろになるエンドも点灯するようにしてあります。

以上で運転台は終了、床板に接着しました。

後ろといえば
f0050611_21521582.jpg
前後にブレーキ弁のハンドルがついているのが気になり、後ろ側は切除しておきました。
実車は自弁、単弁とも1両につきワンセットです。


次は何しましょうか・・・

[PR]

by petiagara | 2016-12-26 22:17 | プラモデル | Comments(2)
Commented by i-qss at 2016-12-28 20:16
いやいやいや、スゴスギル ディティール!!(☆。☆)
本当に素晴らしい~~~~o(*^▽^*)o~♪

完成が愉しみ愉しみ~♪♪
Commented by petiagara at 2016-12-29 19:00
■taka@さん
ありがとうございますー!
丁寧に組むだけでいい感じになる、素性の良いキットですw




...(・∀・)ニヤニヤ


<< 今年最後の入線      アオシマのDD51 運転台の色入れ >>