Sirokamo-Industry

petiagara.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 26日

Tomix クハネ581の加工その2・塗装剥離

バラした車体をIPAに漬けました。

漬け始めたきのうは肌寒く、今日にかけて冷え込む予報だったので、こりゃしばらくかかるかなと思っていたのですが・・・
今朝見たらなんと!塗料が浮くどころか側板に至っては奇麗に剥がれているではありませんか!
タッパーの中でIPAが対流でもしていたのでしょうか?
いつもは難儀するルーバーやドア部も全く奇麗で、天井部に残っていた塗料もこすったら簡単に剥がれ、一発OK。

f0050611_14351182.jpg
鉄コレよりも簡単に落ちた気が?


f0050611_14351590.jpg
こちらは直すの少し面倒そうです。
しばらく放置の予感。。。

[PR]

by petiagara | 2017-03-26 14:41 | EC:16.5mm | Comments(2)
Commented by 原鉄 at 2017-03-26 22:35 x
そんな所は、切り取ってプラ板で塞げば終わり。
しろかもさんなら、朝飯前でしょ!
Commented by petiagara at 2017-03-26 23:26
■原鉄さん
まぁたそんなことおっしゃる~www





実をいうと、加工を始めるにあたってどこから手を付ければいいか全くプランが決まらんのですorz


<< ワールド工芸 協三工業 10t...      Tomix クハネ581の加工... >>