Sirokamo-Industry

petiagara.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 18日

樽見鉄道TDE10/TDE11その4。

こんばんは。

DE10のカウル(ボンネット)を眺めていたら・・・
f0050611_22325996.jpg

吊り環のモールドが折損している~~~~~!!(中心斜め右上の白いスジ)



というわけで事実隠蔽ディテールアップのため、吊り環を線材化することにしましたwww
f0050611_22362189.jpg

今日は穴あけでストップ。

ちょっと広めに削り跡がありますが、実はここにパーティングラインが通っています。

この一件で初めて存在に気付きました。

やるなあ、KATO!!
[PR]

by petiagara | 2008-09-18 22:38 | DL:16.5mm | Comments(2)
Commented by i-qss at 2008-09-21 21:39
しろかもさま、こんばんは。

>吊り環のモールドが折損
えーっと、これは・・・いつ折損したのかは私にもわかりませんが・・・作業がどんどん増えていきますね・・・いや、ホント頭が下がります・・・

パーティングラインがココってことはボディは3分割ってことですかね?
Commented by petiagara at 2008-09-21 23:13
■taka@さん
こんばんは~。

>吊り輪
恐れ入りますw
たぶんこちらでいじくり回しているうちに折れた公算大かと・・・スミマセン(--;)

ボンネット部分はよく見たら
側面左右と天面、妻部分で型が分かれていました。
金型分割ラインの設定の妙はKATOならではですね!!


<< EF81-407その1      EF81-451その2 >>