Sirokamo-Industry

petiagara.exblog.jp
ブログトップ

<   2017年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2017年 01月 26日

アオシマのDD51 800番台の屋根

余っていた800番台の屋根・・・
f0050611_17553697.jpg
吊りフックつけて
f0050611_17554744.jpg
裏塗って

f0050611_17555114.jpg
表も塗りました。
f0050611_17555510.jpg
このタイプの青い屋根、なかなか新鮮ですw

乾燥させて、おいおい活用したいと思います。





[PR]

by petiagara | 2017-01-26 17:58 | プラモデル | Comments(2)
2017年 01月 20日

アオシマのDD51 排気タービン回り

エンジンの残りの作業をしました。
f0050611_09444098.jpg
排気タービンとエキマニを塗装、取り付け。
エキマニは説明書のメモ通り、マスキングテープを巻いて断熱材を表現しています。
普通のマスキングテープではアルミのシワシワ感が出ないので、京商のものを試してみたところ、いい感じになりましたw


これでエンジン関係の作業は終了しました。
きつめにウェザリングするとカッコよくなりそうですが、実物は意外にキレイなんですよねー。
液体変速機は結構汚れるみたいですが・・・


[PR]

by petiagara | 2017-01-20 09:51 | プラモデル | Comments(0)
2017年 01月 18日

EF64 1000の屋根上。。。

先日、浦和の某模型店に立ち寄った際、最近あまり見なくなったトミックスの(♯9130)EF64 1000を見かけたので、
思わずお買い上げしました。
f0050611_18053347.jpg
屋根は商品名に(国鉄)と銘打っているだけあって、基本青、パン下グレー、排風口が銀と、ランボード以外は概ね新製時の塗り分けとなっています。

f0050611_18071039.jpg
が、ワタシ的にはJRマークを貼って高機、もしくは双頭改造前の長岡所のカマとして遊びたいので、水切り内側を黒く塗りたいと思います。
ここで気になるのが、水切り~扇風機カバー付近の塗り分けライン。

ワタシが学生の頃は左右の水切りの端を枕木方向につなぐ塗り分けという実物をよく見たり、RMMの記事等で実車の写真が載っていたりしていました。

f0050611_18063109.jpg
こんな感じ。

その後いつの間にか、水切り端と扇風機カバーの角を結ぶタイプの塗り分けを施したタイプを発見。

そのタイプは貨物の更新色や長岡、高崎セのカマでも見かけ、みんなこれになったのかと思いました。
f0050611_17530065.jpg
酷い画像で恐れ入りますが、2015年6月撮影。

f0050611_17530585.jpg
f0050611_18070592.jpg
KATOの製品も(3023-6 EF64-1032双頭連結器付・ランボードは追加塗装)。

ところが、この間1031号機を確認したところ、なんと枕木方向の塗り分けでした。このカマは2015年1月に全検を上がっています。
んで今日、2016年11月に全検上がりたてホヤホヤの1053号機を確認したら、このカマも枕木方向の塗り分けでした。
一方、1052号機は水切り~扇風機カバー角のタイプ。こいつは2009年7月の全検。

再び枕木方向の塗り分けになってきているのでしょうか。。
それとも1031と1052の2両はずーっと枕木方向の塗り分け?

そもそも塗り分けの違いは工場の指定なのか、マスキングした人の趣味なのか。。。
今後1052号機の塗り分けがどうなるか、楽しみです。


ダラダラ書いていたら何を書きたいのかわからなくなってきましたが、
屋根板然り、ランボード然り、カマの屋根ってのは規則性があるようでなくて、なかなか曲者です。


[PR]

by petiagara | 2017-01-18 18:52 | EL:9mm | Comments(2)
2017年 01月 17日

トミックスのED62 車体足をカット


f0050611_17361064.jpg
現行仕様のED62を眺めていて、なんとなく違和感が・・・

f0050611_17365819.jpg
・・・
f0050611_17372185.jpg
実物には無い車体足がついています。

f0050611_17372585.jpg
こちらにも。

もともとED75用の動力ユニットのため、この部分も流用されたようですね。
今まで気づかなかったぐらい、本当に目立たないものの
台車の回転具合によっては砂箱と接触したりするので、足を根元からカットしました。



f0050611_17373525.jpg

加工というのもはばかるような超簡単作業ですが、気分的にスッキリしましたw



ED62、KATOからも発売されますね。


[PR]

by petiagara | 2017-01-17 17:56 | EL:9mm | Comments(4)
2017年 01月 15日

祝!?14系200番台製品化

トミックスからまさかというか、ようやくというか・・・14-200系客車(ムーンライト九州)製品化とのことで。

詳細発表はまだなものの、仕様は末期の「ムーンライト九州」ということで両端スハフの編成でしょうが、2種のオハフもいずれ出るんでしょうね。

過去に16番で作ったのも懐かしいです。もう8年近く前なんですねえ。。。



さて先月末投稿のこれ
f0050611_22530547.jpg

実は16番と同じ工法でNでも作ろうと集めた素材だったんです。。。


製品化発表を受けて改造は中止、1本はそのままユーロピアとして、もう1本は・・・どうしましょうか。
14系座席車を種車に改造した車両って、気づけばほとんど製品化されているんですね。
残る大物は「みやび」くらい?
青に塗り戻すのもなんですし、しばらくお蔵入りとなりそうです。




それにしても、IPAにドボンしようとしていた矢先だったので、あぶないあぶない。


[PR]

by petiagara | 2017-01-15 21:30 | PC:9mm | Comments(0)
2017年 01月 12日

アオシマのDD51 金帯を入れてみたものの・・・

重い腰を上げて金帯をw



f0050611_18211176.jpg

当初、付属のデカールを使ってみるつもりでしたが、
さすがにラジエターカバーの網目や吸気口のルーバーに定着せず、却下。塗装することにしました。

で、マスキングして金を塗ったものの、息切れで前面だけで終了...orz

まあ雰囲気は良さそうなので、気合い入れなおして塗装します。



[PR]

by petiagara | 2017-01-12 18:27 | プラモデル | Comments(2)
2017年 01月 05日

アオシマのDD51 消火器の仕上げ

赤く塗って放置していた消火器。
f0050611_22074384.jpg
ヘッドルーペを使って色入れ後、デカール貼ってスミ入れをしました。
f0050611_22074947.jpg
大スケールなのにヘッドルーペを使う細かい塗装。。。奥が深いです。


[PR]

by petiagara | 2017-01-05 22:10 | プラモデル | Comments(0)
2017年 01月 04日

アオシマのDD51 テールライトにLED組み込み

赤色LEDを配線して、ケースに組み込みました。
f0050611_17395318.jpg
LED本体の収まりは良好ですが、コードの取り回しに難儀しました。。。


f0050611_17395868.jpg
これでようやくエプロンの取り付けができれます。
グレーに塗装してテールレンズをはめ込み、接着。


これぞDL!って感じでテンション上がってきました。

[PR]

by petiagara | 2017-01-04 17:47 | プラモデル | Comments(2)
2017年 01月 03日

アオシマのDD51 いろいろ塗装

午後からまとまった時間ができたので、塗装を進めました。


f0050611_20151767.jpg
キャブパーツにベースの青20号を。
左右側板と固定屋根を一体にして塗装したくなりますが、そうするとインテリア等が入らなくなります。
なかなかセオリー通りにいきません。


f0050611_20160592.jpg
元空気ダメの網と
f0050611_20163551.jpg
ラジエターのカバーも組んで塗りました。
網の抜けも表面の平滑性もいい感じです。


f0050611_20170649.jpg
で、説明書通りにラジエター本体をシルバーに塗ってみました。
f0050611_20173640.jpg
f0050611_20180540.jpg
いかにも塗った感アリアリで静態保存機みたいですwww

スミ入れ+煤汚れ表現でカッコよくなる予感。


ちなみに前面の点検ドアは取り外し式になっていて
f0050611_20183661.jpg

こんな感じで補器類がチラ見できます。




[PR]

by petiagara | 2017-01-03 20:35 | プラモデル | Comments(0)
2017年 01月 02日

アオシマのDD51 補器類の取り付け

補器類の取り付けをしました。
f0050611_11074567.jpg
中心の接着剤のキャップみたいなものはオイルポンプ、その上はコンプレッサーだそうです。

冷却室のカバーを接着してしまうと、ほとんど見えなくなってしまうのが残念。。。

[PR]

by petiagara | 2017-01-02 11:13 | プラモデル | Comments(6)