Sirokamo-Industry

petiagara.exblog.jp
ブログトップ
2018年 01月 20日

アオシマのDD51 蒸気発生室の窓

蒸気発生室の窓をスリガラスにしようと思います。
とりあえず簡単に、ツールウォッシュを吹いて荒らしてみました。
f0050611_23102321.jpg
なんか・・・結露した窓みたいになりました。
次に、昔からある技法、細かいペーパーでやすってみたところ・・・
f0050611_23104492.jpg
細かいですがヤスリ目が出てしまいますね。。。
それにもっと曇らないと駄目です。

裏からスリガラスを貼る手もありますが、奥まった感じになってしまうのが難点。

次は(フラットベース+白)を薄めて吹いてみようかと思います。

っていうかこんなミクロなことしてて大丈夫なんでしょうか。







f0050611_23111178.jpg
なにか荷物が届きました。
ちなみにワタシは新天地無用!世代でございます。
f0050611_23111658.jpg

少し早めに恵方巻が届いたようです。



[PR]

# by petiagara | 2018-01-20 23:22 | プラモデル | Comments(4)
2018年 01月 19日

アオシマのDD51 前照灯仕込み

めんどくさい作業のひとつだった、前照灯用のLEDを仕込みました。
キットも一応考慮はされているものの、そのままではラジエターファンの網越しに配線が見えてしまうので、取り回しに工夫しています。
f0050611_21571297.jpg
入換でもハイビームの迷惑仕様www




この時点で手すりをいろいろ付けたのは失敗でした...orz
あらゆる作業で邪魔です(汗
ポキポキいかないように気を付けないと。。。

[PR]

# by petiagara | 2018-01-19 21:59 | プラモデル | Comments(0)
2018年 01月 18日

ホビダス マニ50 台車の謎

若干放置プレイ気味になっているマニ50
f0050611_23400599.jpg
ちょっと気になることがあります。
f0050611_23400823.jpg
それが、この台車。
開封し、何も考えず組んでみたのですが、なんかおかしい。。。
f0050611_23401136.jpg
4輪が接地しません!
どうにもマクラバリに対して車軸が長い・・・?
f0050611_23401485.jpg
測ってみたところ、24.5mmでした。

というかこのマクラバリ、形からしてエンドウ製ですよねー。。
側枠は日光製。
車輪は・・・多分エンドウ(カツミ)製。
センターピンもエンドウ製。
どうしてこうなったんでしょう?



[PR]

# by petiagara | 2018-01-18 23:50 | PC:16.5mm | Comments(2)
2018年 01月 17日

アオシマのDD51 星マーク

f0050611_11500655.jpg
星マークを塗ることにして、まず白を吹きました。

が、

なんかデカい!!


f0050611_11501060.jpg
リセットです...orz

[PR]

# by petiagara | 2018-01-17 11:53 | プラモデル | Comments(0)
2018年 01月 16日

アオシマのDD51 デッキの手すり取り付け

帰宅途中、橋梁点検車を発見~。
f0050611_19403757.jpg
酷い画像でアレですが、、、

この後、この橋を渡り、ブームの下を潜って帰宅。
なかなかいいものを見られました。



で、DD51です。

車端の手すりを取り付けました。
f0050611_19441348.jpg
なんかごちゃごちゃして分かりにくいので、冷却室部とボンネットを被せてみました。
f0050611_19445648.jpg
f0050611_19445938.jpg
f0050611_19450380.jpg
見慣れたDD51の姿に近づき、テンション上がります!

現時点での取り付けは強度的に心配でしたが、ヘッドマークステーも手伝ってか思ったよりしっかり付いてくれました。

f0050611_19500278.jpg
こうして作業していると、かつての「宿題」を思い起こさせますね。
ネタやギミックを仕込む悪戯感と、そんなことやってて間に合うのか?という焦り感wwwいいですねえ。




て、ホントに間に合うか心配なんですが。。。




[PR]

# by petiagara | 2018-01-16 20:18 | プラモデル | Comments(2)
2018年 01月 15日

カッコいいロータリー?除雪車

スイスのロータリー除雪車といえば、今や世界的に希少なこちら

が有名ですよねー。

ワタシも某模型がほしいのですが、高くて手が出ませんし
そもそも商品に巡り合うこともなく、幻で終わりそうです。

で、翻って最近のロータリー除雪車はというと・・・
これもカッコいいです!
ウィングでかき寄せるのではなく、ユニットが左右に開くという発想がすごいですね。

これに至っては、羽根の回転方向がwww
後ろのGem4/4形もカッコいい~


何が言いたいのかよく分からなくなってきましたが・・・
雪と戦う車両は総じてカッコいいですね。

[PR]

# by petiagara | 2018-01-15 21:10 | そのほか | Comments(0)
2018年 01月 14日

アオシマのDD51 窓ガラス作業

f0050611_13470940.jpg
窓ガラス切り出し、サッシやHゴムを塗りました。
マスキングシートが付属しているので、窓に貼るだけで簡単に塗り分けられます。

前面ガラスはもうひと手間、A寒地仕様ですので旋回窓を組み立てます。
f0050611_13471639.jpg
旋回窓の枠が別パーツというのも大スケールならではですね。
f0050611_13471908.jpg
接着剤がはみ出ないよう、注意しながら組みました。
説明書には旋回窓は接着しない指示があるのですが、ガタついたり後々ポロリの原因にもなるのでしっかり接着してあります。


[PR]

# by petiagara | 2018-01-14 13:56 | プラモデル | Comments(0)
2018年 01月 13日

アオシマのDD51 ラジエターの塗装

銀一色でアレだった、ラジエターのコアを黒く塗りました。

f0050611_20503521.jpg
カッコよくなりましたが、コントラストが付きすぎて、ちょっと変ですね。
f0050611_20504981.jpg
カバーを合わせてみました。
全検上がり仕様ですね~w

ウェザリングが楽しみです。

[PR]

# by petiagara | 2018-01-13 20:52 | プラモデル | Comments(0)
2018年 01月 12日

アオシマのDD51 帯入れ

お久しぶりのDD51でございます。

ようやくいよいよ金帯を塗ることにしました。
f0050611_21553055.jpg
が、ドアを一枚青く塗り忘れていたことに気づき、ホイッスルカバーと一緒に青く塗装。。。

f0050611_21553437.jpg
仕切り直しまして、マスキング。
点検ドアやルーバーなど、凸凹の塊のボンネットに細いストライプということで
超超超超及び腰になっておりましたが、ある程度の吹き込みを許容する方向に思考を転換したところ、だいぶ気楽になりました。
吹き込んだら修正すりゃいいんですw
それに、去年からNや16番の車両を2ケタに届きそうな勢いで塗っていたせいか、この程度が苦ではなくなったというwww

いやあ、技量維持訓練って大事だなと思いました。

f0050611_21560147.jpg
というわけで、帯が塗りあがりました。
けっこういいんじゃないでしょうか。
ラジエターのカバーもいい感じに立体感が出たと思います。

残るはキャブのマークですね。


しかーし、DD51のボンネットってこれだけで見ると鉄道車両というより重機や産業機械といった佇まいですね。



[PR]

# by petiagara | 2018-01-12 22:11 | プラモデル | Comments(4)
2018年 01月 11日

Tomixの♯8448 キハ53を塗り替えてみる

先日、中古でキハ53を購入しました。
f0050611_16330850.jpg
年末年始特価で、M車のくせに4kでお釣りがくるというナイスな価格設定。
ソッコウでゲットしました。
f0050611_16333475.jpg
安定の一般色。日本の田舎風景によく似合う、いい色ですよねえ。

だがしかし。
ワタシ的に国鉄一般形DCというと、朱色5号のイメージなのです。
物心ついたときに、リバイバルでない生え抜きでクリーム4号+朱色4号クルマはキハ52 128だけ、そんな世代でございます。
というわけであんまり躊躇もなく廃車解体~
f0050611_16334689.jpg
f0050611_16340145.jpg
塗装用のウマに乗せ、FARBEの朱色5号で塗装~
今回は塗装剥離せず、そのまま上から塗りました。
当然ながら塗り分けラインが浮き出てきますが、実車もツートン→単色だったんだからいいんじゃね?的ノリで構わず進行。

なのですが、ちょっと見通しが甘かったです。
f0050611_16342496.jpg


浮き出た塗り分けラインはまあこんなものかな?という感じですが、
思ったより朱色5号の隠蔽力が弱く、下地の色の差がなかなか隠れてくれません。

f0050611_16344824.jpg
結構しつこく塗り重ねてもダメで、これ以上厚ぼったくなる前に妥協。。

一気にテンション下がりまして、細部の色入れもオサボリして組んじゃいました。
f0050611_16352458.jpg
濃淡オレンジのツートンになっておりますorz
f0050611_16354029.jpg
とりあえずこのまま遊んで、気が向いたら一度色落として塗りなおします~。





wikiの朱色5号のページ見てたら
489系「白山色」の窓周りに使用って書いてあったんですけど。
これってホントか!?


[PR]

# by petiagara | 2018-01-11 17:13 | DC:9mm | Comments(0)