Sirokamo-Industry

petiagara.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 09日

EF64 1031 スカート回り

今日の進捗状況です。

ここまで出来ました。

f0050611_23165325.jpg


このカマの特徴のスカート周りですが、復心装置の自作の必要があり(63用だと形がちと違う)、工作が滞ってましたが、BONAから65F型用の復心装置周りのパーツセットが発売されたので問題は一気に解決、サクッとまとまりました。

f0050611_23234683.jpg


勢いに乗ってエアホースなど取り付けましたが、塗装の段になって細部に面相筆は入るんでしょうか・・・(汗 

f0050611_23282493.jpg


結局、ジャンパ栓カプラーや収めなどは製品のをそのまま使うことに。
パーティングラインを削って色を塗ればよく見えるようになるだろうと踏んでいるのですが、結果はいかに・・・


・・・カマが出来たところで、牽かせる物がありません(涙
KATOの165系湘南色を牽かせて、かつての上沼垂K編成の廃車回送とか?
[PR]

# by petiagara | 2006-06-09 23:34 | EL:16.5mm | Comments(0)
2006年 06月 05日

EF65-1000

気がつけばもう6月に入って少し経ってしまいました。

今更ながら気付いたのですが6月半ばにある16.5mmの運転会ネタが全然仕上がっていません。
それどころかまだ新品未開封すらある状態。。。

並ある仕掛品を押しのけて突貫工事の開始です(笑

f0050611_23103328.jpg

一番ヒドイ状態なのがこのPFです。
まさに製品そのまま・・(ある意味一番イイ状態なのかもしれませんが)

さっそくバラし
f0050611_23122963.jpg
手摺りを洋白線に交換するため、全ての手摺り用穴を延ばしランナーで埋めます。
f0050611_23143024.jpg
ワタシは面倒なこの作業が大っキライ!!
なんだか痛々しいですね。
パンタグラフ取り付け用のネジ穴も塞ぎました。

接着剤の乾燥待ちのため、今日はココで終了しました。

f0050611_2316175.jpg
運転会までにこの4両をロールアウトさせないといけません。

先は長そうです・・・orz
[PR]

# by petiagara | 2006-06-05 23:18 | EL:16.5mm | Comments(0)
2006年 04月 06日

アント工業ANT20W

こんばんは。
今宵は気軽にワールドのアント君を製作です。

f0050611_23572730.jpg
ワールドのキットでお馴染みの箱ですね。

f0050611_2357581.jpg
中身はこんな感じです。
この前のED30と比べて全然シンプルな内容です。

f0050611_012715.jpg
オープンキャブのため、操縦者のフィギュアも付属しています。

f0050611_061966.jpg

車体?です。

f0050611_045933.jpg
早速動力周りを組んでみました。
モーターはフレームに直接ハンダ付けせよとの指示です!!

f0050611_0113729.jpg
裏はこんな感じです。
いたってシンプル。

f0050611_013573.jpg
上回りも組んでみました。

f0050611_0153264.jpg
動力と組み合わせて様子をみました。


ラジオを聴いたりしながら鼻唄交じりで小一時間ほど。
今日はココまでです~

ではでは。
[PR]

# by petiagara | 2006-04-06 00:17 | DL:16.5mm | Comments(0)
2006年 03月 09日

EF65-500Fその2

こんばんは。

この前までツララ切り付きとして作成していたEF65ですが、ふと気が変わって登場時バージョンとして作る事に変更しました。

f0050611_23271226.jpg

ツララ切りを引っこ抜いて、後部標識をさいどらいん製の反射板座付きの物に交換しました。
ツララ切りの取り付け穴、苦労して開けたんですけど・・・また埋めるハメに。
登場時というからには、やはり重連でレサ編成ですよね~

ついでに、
f0050611_23311464.jpg

ワールドのED30を少々手入れ。
パンタグラフが付属の物だとあんまりカッコよくないので、載せ替えを検討します。
っていうより動力をどうにかせねば・・・
[PR]

# by petiagara | 2006-03-09 23:34 | EL:16.5mm | Comments(4)
2006年 03月 07日

ユーロ軍団

連休の二日目、昨晩からの夜通し宴会が終わってから帰宅、工作再開です。

だいぶほったらかしにしていたTomixのユーロライナー、KATOの14系座席車、EF64×2、EF65×1を吹き付け塗装しました。

Tomixのユーロライナー、実車の基本色が「グレイッシュブルー」という水色に近い白なのに対し、製品は真っ白です。
あまりにも実車の雰囲気とかけ離れているので、イメージを近づけるため自家調色して再塗装です。

ついでにユーロライナーに塗装が揃えられてアコモ改造された14系座席車、通称「ユーロピア」と、電気機関車2種3両も塗りました。

計16両!!

で、数時間の格闘の末、何とか吹き付け終了~

f0050611_22505782.jpg











よく塗った!!ワタシ!!

f0050611_22541852.jpg









まだ細部の吹き込みの修正が済んでませんが、モチベーション維持のため仮に組んでみました。

f0050611_22564247.jpg





EF64-66です。
車体自体は大きな加工はしていません。
吹き込みの修正をしてエアーホース、開放テコを取り付けて完成です。


f0050611_22593420.jpg




「ユーロピア」オハフ15ー700です。
KATOの製品そのままで塗装変更のみです。
尾灯回りの塗装の修正が必要ですね・・・
後はインレタを貼ってクリアー塗って完成です。


f0050611_2315930.jpg






「ユーロライナー」スロフ12-700です。
こちらもインレタ貼ってクリアー塗ると完成です。
側面のロゴはくろまやの物を使用します。


因みにグレイッシュブルーはGMの白3号にモリタの青20号とサンドイエローを適宜追加しました。

帯の太さですが、下から0.5mm、0.7mm、2.0mm、1.0mmとしました。
1両片面に4本、両側面で8本、それが客車のみで13両、計104本帯をマスキング、塗り分けしました・・・orz

f0050611_2374047.jpg






製品と色味の違いを比較してみます。
手前が製品です。画像からだとわかりにくいかと思いますが、奥の方が若干青っぽいのがお判りいただけるかと。


なんとか今週中には完成させたいと思います。
こうしてみるとスロフの展望室部分はガラスだらけだなぁ~と改めて思いました。

それでは~
[PR]

# by petiagara | 2006-03-07 23:18 | Comments(2)
2006年 02月 24日

EF65 500F

こんばんは。

双頭連結器は胴受けの製作で煮詰まってしまい、ちょっと休憩です。

天気も悪いので塗装も出来ず・・・なのでちょっと軽加工を。

f0050611_2158253.jpg

お察しの通り、KATOのEF65-500PをF型に改造する事に♪
パーツ一式は、少し前に出たさいどらいん製の物です。
もちろん上越線対応後で製作しますっ(笑

f0050611_2204879.jpg

前から見るとこんな感じです。
車体の手摺り穴は径が大きいので、伸ばしランナーで一旦埋めてから0.3mmを開けなおします。

f0050611_2224497.jpg

パンタグラフも載せ換えましたw

f0050611_224138.jpg

復心装置はホワイトメタルの一発抜きです。
ちょっとスカートとのフィッティングがうまくいかなかったので、盛大にヤスってあります。
ついでにエッジも立たせました。
このゴチャゴチャ感、たまりません~ウヒヒッ

f0050611_2274124.jpg

ヒサシばっかりでスミマセン~(笑



・・・

f0050611_22105771.jpg

部屋を片付けてたら出てきました。
Tomixのアンデコ(に自分でした/笑)EF81です。
一応部品は全て発掘できたので、ちゃんとレストアするのはいいとして、さて何色にしたもんだか・・・
[PR]

# by petiagara | 2006-02-24 22:14 | EL:16.5mm | Comments(4)
2006年 02月 19日

EF64 1031 ステーとフック

こんばんは。

細々と加工しています。
吊りフックやヘッドマークステーなどの穴あけをしているのですが、これがまた単調でつまらない作業で・・・
それでいてちゃんと穴開けないとフック付けた時曲がってしまうので気を遣いますし・・・

とはいえ、コレが終わらない事には塗装できないので気合入れていきたいと思います。

f0050611_0165384.jpg














手間の割に変わり映えせず・・・ですねorz


これが終われば楽しい(苦悩の?)スカート回りの工作です~
[PR]

# by petiagara | 2006-02-19 20:53 | Comments(0)