Sirokamo-Industry

petiagara.exblog.jp
ブログトップ
2018年 05月 22日

ロンチキEAタイプをつくる 再び修行開始

ロンチキに戻りまして、再び滑り台作りです。
f0050611_22274039.jpg
とろあえず残りの滑り台関係パーツをすべて切り出しました。

途中で何度もエッチングはさみが切れなくなってくるので、はさみを棒やすりで砥ぎながら頑張りました。

f0050611_22273760.jpg
切り出したパーツをひたすら折り曲げます。




動画を観ながらのんびり作業、なんとか終わりました。

後日まとめてはんだ付けします。

[PR]

# by petiagara | 2018-05-22 22:48 | FC:16.5mm | Comments(0)
2018年 05月 20日

最近増殖中のペーパーキット

短期集中製作もひと段落しまして、ただ今充電中です~


というわけで今回はペーパーキットのお話を。

最近はレーザー加工機の普及もあってか、個人さまやガレージキットメーカーから魅力的なペーパーキットが数多く発売されるようになりましたね。

ワタシもついつい食指が動いてしまい、いくつかゲット。

つい昨日も某オクで注文していた16番のペーパーキットが届きました。
f0050611_23034432.jpg
タキ5450タイプは少し前、タキ18600タイプと事業用コンテナが今回購入させていただいたものです。

いつも素早い発送で、ありがたい限りですm(_ _)m

事業用コンテナはその出来のよさ(特に排風口付近!)と見た目のインパクトから飛びついたものの、今のところ回送くらいしか用途が思いつきませんwww

ロンチキのペアーハンズから日鐵チキでも出てくれればいいのですが・・・




そしてNのほうも
f0050611_23034851.jpg
なかなかマニア心をくすぐる形式が集まってきました。

奇しくもみんな貨車(とコンテナ)なのがおもしろいですね。

どれも早く作ってみたい気持ちを抑えつつ、次からロンチキ作りを再開したいと思います。



何故か最近貨車ばっかです。
そういえばこの前のEF64 1000もある意味貨車でしたしw

[PR]

# by petiagara | 2018-05-20 23:29 | Comments(0)
2018年 05月 16日

ワンサイドキャブのエルフ

きのうは会社の仲間内運転会でした。

家を10時過ぎに出発、開催場所の金太鉄道さんに向かって中央道を流していると、
後ろから小型トラックが爆走してきました。

で、近づいてきた爆走トラックを見て唖然。
5代目初期のエルフなんですが、キャブが半分です。
エルフのキャブから助手席の腰から上を切り取った感じで、いかにも特注って感じ。
そもそも今時ワンサイドキャブのトラックなんて、トラッククレーンでもなかなか見かけません。

f0050611_16593590.jpg
あっという間に抜かれ、そのまま爆走していきましたwww
間近でじっくり拝見したかったです。

[PR]

# by petiagara | 2018-05-16 17:16 | ちょっとそこまで | Comments(2)
2018年 05月 13日

EF64 1000の加工 ふさぎ板取り付け

こないだ作ったプラパーツを塗装して車体に貼り付けました。
f0050611_22452793.jpg
なかなか味わいある感じにw


というわけで、作っていたのはEF64 1000の構体でした。
Satokawaさんからいただいたコメントにもあるように、EF64 1000は岡本にある川重宇都宮工場で構体を製造し、
今も工場のある兵庫工場へ運んで艤装工事を行っていました。
ネットで「EF64 1000 構体」と検索すると当時の輸送貨物列車の画像がヒットします。

はじめは真面目に改造しようとしたものの、各部を色々省略した結果、雰囲気重視モデルとなりました。

その後、大阪の某さまより屋根付近が写った貴重な画像を送っていただき、
取り外し屋根はグレーっぽい色であることが判明(某さま、ありがとうございますm(_ _)m)。
ただ、プライマーなのかイボ付きビニルなのかまではわからず、とりあえずそれっぽいグレーを追加しておきました。

残るは不足分のスカート入手と、Hゴムを白っぽいグレーに塗れば一区切りつきそうです。

[PR]

# by petiagara | 2018-05-13 23:43 | EL:9mm | Comments(0)
2018年 05月 11日

EF64 1000の加工 塞ぎ板

プラ板とプラ棒から塞ぎ板を作りました。
f0050611_22274976.jpg
実物が木製なので、
エコーモデルのSTウッドや艦船模型用の木甲板シートの使用を考えましたが、
厚みやコストの面で厳しく、結局手持ちのプラ材から作成しました。

横方向に渡した角材がちょっとオーバースケールでごついものの、なかなかいい感じです。

[PR]

# by petiagara | 2018-05-11 22:31 | EL:9mm | Comments(0)
2018年 05月 09日

EF64 1000の加工 青塗装

車体を青くしました。
f0050611_22200526.jpg
クリーム色の面積が大きくて、ぱっと見特急色っぽく見えます。

今回最も悩んだのが屋根でした。
実車の上から撮られた画像を見つけられず、良くて真横。
屋根上の状態が全く分からなかったのです。

アルミ無塗装の排風口と第三機械室のモニタールーフが確認できるため、
パン下の取り外し屋根は載っていると判断しましたが、だとしても絶縁シートは貼られているのか・・・
グレーに塗るのは後からでも簡単なので、とりあえず青くしておきました。

あと実車はランボードが未装着で足だけなのですが、これを奇麗に表現するのはめっちゃ大変なので、潔く省略。。。

そんなこんなで妥協しまくりですが、なかなか怪しい雰囲気が出てきました。

[PR]

# by petiagara | 2018-05-09 22:31 | EL:9mm | Comments(0)
2018年 05月 08日

EF64 1000の加工 台車

短期集中中のEF64 1000でございます。

車体はサフ吹きのあとクリームを塗りました。
入手したのは車体のみのため、床板と台車は別途調達の必要があります。
床板はプラ板、ボルスタはプラパイプから作り、台車は手持ちのものをセット。
f0050611_17560550.jpg
なんか小さくて軸距も短い台車、しかも中間台車なし・・・


f0050611_17560265.jpg
この中途半端さがたまりませんwww






[PR]

# by petiagara | 2018-05-08 17:58 | EL:9mm | Comments(4)
2018年 05月 06日

EF64 1000の加工 モールド切除の続き

引き続きモールド各種の切削作業です。
取り外し屋根部はパンタ台だけ残して配管やパンタ取付穴を仕上げるのがむっちゃ大変だったため、全部削っちゃいました~
f0050611_19555999.jpg
追加した2両は塗装を落とさずやってみたのですが・・・塗料がペーパーに詰まりまくり。
ちゃんと色を落としてから作業すべきでしたorz





[PR]

# by petiagara | 2018-05-06 21:30 | EL:9mm | Comments(0)
2018年 05月 05日

EF64 1000の加工 モールド切除

加工の続きです。

この間のものに2両足して3両加工体制になりました。
f0050611_15144129.jpg
基本的にディテールを削るだけなのですが、避雷器やパンタ台周りは面倒です。

そういえばKATOのEF64 1000は国鉄仕様が発売されませんねー。
せっかくEF58やEF16があるのに。。

や、アンテナついてJRマークなしの3023-1は超末期とはいえ国鉄仕様ってことになるんでしょうか?

[PR]

# by petiagara | 2018-05-05 15:25 | EL:9mm | Comments(2)
2018年 05月 03日

EF64 1000の加工

ロンチキはちょっとお休みしまして、Nの加工です。

先日EF64 1000の車体を茶色く塗りましたが、実車は白帯が入っちゃいましたw
そんなこんな?で、IPAに投入して塗装剥離です。

f0050611_22360993.jpg
なかなか奇麗に落ちました。



f0050611_22361383.jpg
続いて無線アンテナその他の穴を伸ばしプラ棒で埋設。

とりあえず乾燥待ちです。

[PR]

# by petiagara | 2018-05-03 22:40 | EL:9mm | Comments(0)