Sirokamo-Industry

petiagara.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:DL:16.5mm( 57 )


2018年 10月 23日

KATOのDE10 焼き芋化

昨日に続いて車体を塗装中です。
f0050611_20500933.jpg
コンテナレッドに黒や茶色を混ぜた色を薄く吹き重ねています。

f0050611_20501263.jpg
サツマイモが石焼き芋になりつつあります。。。

[PR]

by petiagara | 2018-10-23 20:54 | DL:16.5mm | Comments(0)
2018年 10月 22日

KATOのDE10 塗装開始

色塗り始めました。

f0050611_21181117.jpg
JRFレッドはファルベのコンテナレッドを使いました。
以前この塗料を使ったお店の特製品を拝見したことがあって、それが結構青黒くて違和感がありましたが、
実際塗ってみた感じは悪くありません。
ただパープル系は隠蔽力がかなり弱いので、下地に大きく左右されますね。

ムラムラのボケボケですが、一回目はこれでOKです。
ここから細吹きで色を重ねていきます。

[PR]

by petiagara | 2018-10-22 21:26 | DL:16.5mm | Comments(2)
2018年 10月 21日

KATOのDE10 軽くサフと下回り分解

f0050611_23214742.jpg
上回りは軽くサフェーサーを吹いて様子を見ました。
続いて本塗装に行けそうです。

下回りも塗装に備えて分解しました。

[PR]

by petiagara | 2018-10-21 23:23 | DL:16.5mm | Comments(0)
2018年 10月 19日

KATOのDE10 取っ手とハンドル、吊り環

f0050611_21344212.jpg
先日開口した穴にパーツを取り付けました。
ごつごつ感がなかなかいい感じです。

[PR]

by petiagara | 2018-10-19 21:35 | DL:16.5mm | Comments(0)
2018年 10月 15日

KATOのDD51 湯剥きもう一杯

そろそろ寒くなって、塗装剥離がつらい季節になりつつあります。

今のうちにということで湯剥きDD51をもう一両追加しました。
f0050611_17090472.jpg
死蔵していた茶箱のもので、ヘッドライトが電球仕様ですw

塗装の質も最近のと違う感じ。
数十年前の塗装ということで苦戦を覚悟していましたが、小一時間程度の温燗でつるっとキレイに剥けてくれました。
奥の15年物よりキレイに剥がれています。。。

これでとりあえず必要数が準備できました。
ぼちぼちパーツを揃えていきます。

[PR]

by petiagara | 2018-10-15 17:17 | DL:16.5mm | Comments(0)
2018年 10月 10日

KATOのDD51 湯剥き

某列車牽引のため、我が家のデビスモンサン空軍基地天袋からKATOのDD51を発掘、IPAに漬けて塗装を落としました。

f0050611_23294256.jpg
TomixのDD51のほうが出来自体はいいものの、ラジエーターカバーやコスパ等々の理由からKATO製がベースです。
所属車両のほとんどが未更新の800番台でしたが、500番台や更新機もごく少数在籍していましたので、何号機にするか悩みますw



[PR]

by petiagara | 2018-10-10 23:43 | DL:16.5mm | Comments(0)
2018年 10月 06日

KATOのDE10 ボンネット穴あけ

f0050611_23044085.jpg
ボンネットに吊り輪と取っ手の穴を開けました。
当初の予定にはありませんでしたが、塗装剥離の際に吊り輪のモールドを3か所ほど折ってしまい、追工作するハメに。。。



[PR]

by petiagara | 2018-10-06 23:25 | DL:16.5mm | Comments(0)
2018年 10月 05日

KATOのDE10 エプロン加工おわり

エプロン加工の続きです。
f0050611_22224751.jpg
表面を均しまして、1・4位に尾灯パーツを取り付け。

尾灯半減、元空気ダメ管と釣り合い管も撤去しまして、ロストパーツ節約のオサイフに優しい仕様となりました。

[PR]

by petiagara | 2018-10-05 22:28 | DL:16.5mm | Comments(0)
2018年 10月 03日

KATOのDE10 エプロン加工

ここのところ運転会ロス(運転会行ってませんけれどw)で、工作の気力が出ませんでした。




とはいえ皆さまの工作に刺激を受けたのは確かでして、ちょっと手を動かしました。
f0050611_21273684.jpg

ようやく何色に塗るか決めまして、加工を進めます。
エプロンや手すり回りをスッキリさせ、入換動車化~。

[PR]

by petiagara | 2018-10-03 21:41 | DL:16.5mm | Comments(0)
2018年 09月 21日

トラムウェイのDD13を塗り替える 完成

追い込みをかけまして、一区切りつきました。
f0050611_18482576.jpg
いまいち代り映えしない感じですが・・・・完成でございます。


f0050611_18500682.jpg
ND552 3タイプ
実車はもともとウィングばね台車であったことに加えてDD13の車体を使って更新しているため、
見た感じはほとんどDD13、ジャンパ栓を付ければオッケー的な手軽さがありがたいです。

今回は非重連寒地型をタネ車にした関係で、ランボード上の箱配置等に違いがあります。
短いエアタンクは下の8号機タイプから持ってきた長いものと交換しました。

f0050611_18500968.jpg
トラムウェイのDD13でうーんと唸ってしまうのが台車の首振りに盛大に干渉する元空気ダメのエアタンクです。
幸い2ピース構成となっているので、半分に割って取り付け、隙間を稼ぎました。




f0050611_18504611.jpg
ND552 8タイプ
ND552オリジナルの形態です。
台車のペデスタルが単支持だったり、エンジンカウルのルーバーが違ったりと、ちゃんと作ろうとするとなかなか大変な車両です。
今回は加工をライト1灯化程度にとどめ、無難に蒸機用シールドビームを取り付けました。



諸般の都合から大きな加工はしませんでしたが、塗装の変更でだいぶ雰囲気が変わりました。
オーダーの通り1両は退色仕様としたことで、変化がついていい感じです。
f0050611_18511167.jpg







某さまへは5両目の納入となりました。
何故かみんなDLというのがwww

[PR]

by petiagara | 2018-09-21 19:23 | DL:16.5mm | Comments(2)