Sirokamo-Industry

petiagara.exblog.jp
ブログトップ

タグ:tomix ( 6 ) タグの人気記事


2018年 02月 23日

クハ481

12日の運転会も終わり、再びお休み期間に・・・





入ったわけでなく、やりたいことを物色しています。
ただ「せっかく作るのなら手戻りなくちゃんと完成できるものを」と思ってしまい、モノが定まりません。
何も考えずに手を付けて仕掛品の山を作っていたころが懐かしいですw

でですよ。

「あすか」もやりたいけれど、こっちも気になります。
f0050611_21463358.jpg
昔、クハ481-801を作ろうとしたものの、いつの間にか放置になっていました。
でもクハ481-801ってちゃんと作ろうとすると切り継ぎが必要だったり、意外と面倒なんですよね。
それに9両なり10両なり揃えるのも現状では大変なので、他に転用できないか考え中。。。
そこで大問題なのが、盛大にカットしてしまった前面中央部をどうするかです。
転用するなら基本的に愛称表示窓の復活が必要。
必要ないマイナー車もあるにはありますが、、、ねえ。

4~6連くらいの手ごろな編成・・・九州のクモハもいいし、上沼垂色かT18か、はたまた・・・


[PR]

by petiagara | 2018-02-23 23:13 | EC:16.5mm | Comments(4)
2018年 01月 11日

Tomixの♯8448 キハ53を塗り替えてみる

先日、中古でキハ53を購入しました。
f0050611_16330850.jpg
年末年始特価で、M車のくせに4kでお釣りがくるというナイスな価格設定。
ソッコウでゲットしました。
f0050611_16333475.jpg
安定の一般色。日本の田舎風景によく似合う、いい色ですよねえ。

だがしかし。
ワタシ的に国鉄一般形DCというと、朱色5号のイメージなのです。
物心ついたときに、リバイバルでない生え抜きでクリーム4号+朱色4号クルマはキハ52 128だけ、そんな世代でございます。
というわけであんまり躊躇もなく廃車解体~
f0050611_16334689.jpg
f0050611_16340145.jpg
塗装用のウマに乗せ、FARBEの朱色5号で塗装~
今回は塗装剥離せず、そのまま上から塗りました。
当然ながら塗り分けラインが浮き出てきますが、実車もツートン→単色だったんだからいいんじゃね?的ノリで構わず進行。

なのですが、ちょっと見通しが甘かったです。
f0050611_16342496.jpg


浮き出た塗り分けラインはまあこんなものかな?という感じですが、
思ったより朱色5号の隠蔽力が弱く、下地の色の差がなかなか隠れてくれません。

f0050611_16344824.jpg
結構しつこく塗り重ねてもダメで、これ以上厚ぼったくなる前に妥協。。

一気にテンション下がりまして、細部の色入れもオサボリして組んじゃいました。
f0050611_16352458.jpg
濃淡オレンジのツートンになっておりますorz
f0050611_16354029.jpg
とりあえずこのまま遊んで、気が向いたら一度色落として塗りなおします~。





wikiの朱色5号のページ見てたら
489系「白山色」の窓周りに使用って書いてあったんですけど。
これってホントか!?


[PR]

by petiagara | 2018-01-11 17:13 | DC:9mm | Comments(0)
2017年 04月 11日

我が家のユーロピアその後

前回記事以来放置となっていた我が家のユーロピアですが、一本はこのまま整備して遊ぶことにしました。

そうと決まればさっそくカプラー交換に着手。
f0050611_17034057.jpg
KATOのスハネフ14用ジャンパ栓と、マグネマティックの♯1015を使用しました。
なかなかカッコいいです。

が、

ジャンパ栓収めが妻面にあることを思い出し、床下の栓収めとホースを除去しようと画像とよく確認したところ、
連結器の左右とも栓の配置が似ていないことに気づきました。
同じ14系だから、栓とホースだけ撤去すればいいやと思ったのが失敗のはじまり。。。(スハフの若番はこれでよいようです)

手持ちのパーツを漁った結果、オハネフ24用のものの並びが近かったので、
一度貼ったスハネフ用を剝がし、オハネフ用に交換。
f0050611_17042475.jpg
なんかさっぱり寂しい床下になってしまいましたが・・・
気を取り直して妻面の栓収めを取り付け。


f0050611_17043481.jpg
成型色のままではマイクロっぽい興醒めなホースとジャンパ連結器に色を入れてひとまず終了。
f0050611_17043073.jpg
できれば尾灯周りの青を修正したいのですが、色入れに失敗すると悲惨なことになりそうなので
二の足を踏んでいます。。。





[PR]

by petiagara | 2017-04-11 17:21 | PC:9mm | Comments(0)
2017年 03月 26日

Tomix クハネ581の加工その2・塗装剥離

バラした車体をIPAに漬けました。

漬け始めたきのうは肌寒く、今日にかけて冷え込む予報だったので、こりゃしばらくかかるかなと思っていたのですが・・・
今朝見たらなんと!塗料が浮くどころか側板に至っては奇麗に剥がれているではありませんか!
タッパーの中でIPAが対流でもしていたのでしょうか?
いつもは難儀するルーバーやドア部も全く奇麗で、天井部に残っていた塗料もこすったら簡単に剥がれ、一発OK。

f0050611_14351182.jpg
鉄コレよりも簡単に落ちた気が?


f0050611_14351590.jpg
こちらは直すの少し面倒そうです。
しばらく放置の予感。。。

[PR]

by petiagara | 2017-03-26 14:41 | EC:16.5mm | Comments(2)
2017年 03月 23日

Tomix クハネ581の加工その1・分解

久しぶりにぶっ飛んだ工作をしたくなってガラクタ置き場の天袋を物色、こいつを出してきました。

f0050611_22163830.jpg
TomixのHO-025 583系「きたぐに」色のクハネ581です。
9年ほど前に買っていろいろいじったものの、工作中に不慮の事故→長期休車となっていた車両です。

休車中に部品取りと化して屋根上の前照灯なし、
貫通ドアはクハ419を作った時の失敗作と交換、
f0050611_22170266.jpg
室内も一部供出、
f0050611_22165880.jpg
そして休車の原因となった、ハンダ鏝で車体裾変形・・・おまけに台車スノープラウもなし。。

さすが放置車、ひどい状態でした。
でも、最低限欲しいパーツ類は残っていたので一安心です。


f0050611_22170892.jpg
かなり大変な工事になりそう(あすかより大変?)ですが、技術開発しながら長期戦でいこうと思います。

とりあえずバラし、塗装剥離をw



[PR]

by petiagara | 2017-03-23 22:42 | EC:16.5mm | Comments(0)
2017年 01月 17日

トミックスのED62 車体足をカット


f0050611_17361064.jpg
現行仕様のED62を眺めていて、なんとなく違和感が・・・

f0050611_17365819.jpg
・・・
f0050611_17372185.jpg
実物には無い車体足がついています。

f0050611_17372585.jpg
こちらにも。

もともとED75用の動力ユニットのため、この部分も流用されたようですね。
今まで気づかなかったぐらい、本当に目立たないものの
台車の回転具合によっては砂箱と接触したりするので、足を根元からカットしました。



f0050611_17373525.jpg

加工というのもはばかるような超簡単作業ですが、気分的にスッキリしましたw



ED62、KATOからも発売されますね。


[PR]

by petiagara | 2017-01-17 17:56 | EL:9mm | Comments(4)